deeptissue

ブログをさぼっておりました!しかし、Redは、少しずつ進化はしており、セラピストメンバーの意識も、技術もどんどん上がって、チームRedは、かなり盛り上がっています。

 さて、本日、取り上げるお客様は、まあまあ強者!経験値も、女性度?もあふれ出ている40代後半女性です。

 経験値と、ご自身の体の様子に少し、ズレがあるように思われたようで、イクとか、絶頂とかが、どんなものか、パートナーとのSEXは、これで良かったのか、そんな確認作業が一番の目的。

 お決まり、最初の、RINOとのメールでもカウンセリング、女子トークで、かなり、深く楽しんでおられて、その中で、本当のイクとかを、もしかしたら、体験出来ていないのかと、自覚してもこられて、私の体験談に食い付いて、離れない?お客様になりました。

 そんな流れで、私、RINOも人生、初体験!、私も同行しての、妙齢セラピスト トシ、RINO、お客様と、三人でラブホテルに向かいました。

 オトナ三人がガウンを着て、語り合い、お客様がマッサージを受けている時は、私が、出産に立ち会うダンナ様おように、手を握り、少々の解説・・・。不思議な、でも、面白い時間となりました。

 滞りなく、施術は進んでいったのですが、結果は少々、ショッキング。イクという手前で、力が入り、潤いが少なくなり、イクを阻むような状態がやってきます。お客様もその状態は自覚していて、パートナーには、締まりがいいからと言われていたようですが、あきらかに、受け入れを拒むような逆行の状態。あの部分の受け入れ準備が出来ていく形状の変化もほとんど見られず。

 その状態を踏まえて、また、ガウン三人は、話し合いました。これは、トシの扱いの悪さとかではなく、精神的なもので、経験値の高さから、受け入れ難い男性もいたわけで、そんな時に出来上がってしまった、逆行的な進化である、というのが結論で、お客様もいたく納得されておりました。

 その後は、私、RINOも協力して、イク状態に関わっている、骨盤底筋の使い方を一つずつ、説明しながら、脱力する方法を伝授したり、自らのイク体験を切り売り?したり、がんばってみました。

 大きな成果がありました。自分の素直に、一から、体験を積み重ねて、本当の心地良さを知るオトナの旅に出る!と、宣言してくださいました。

 それからも、メールで細かくやり取りしています。私のイク体験は、個人情報に全く関係なく、簡単に切り売り、公開しています~!

 こんな3Pもなかなか、楽しい時間でした!